女子高生に電車で素股

Hey動画見放題プランが激安すぎる3つの理由(2万本が月額1000円)

今日もいつものように、会社に行くのには少し早く部屋を出る。

俺の勤め先は普通の会社より始業時間が遅く、
普段ならこんな満員電車には乗らなくて良いのだが、
俺は満員電車が好きだった。
あからさまに、尻や胸を触らなくとも、
体のいたるところが、OLや女子高生に触れる。

俺はその感触を毎日楽しむためにこの時間に出勤する。
いつものようにホームで電車を待っていると、
見なれない制服の女子高生が一人いる事に気づいた。
何処の制服だろう?
この辺りの女子高生は大たいがブレザーなのだが、
その子は、濃紺に真っ白な襟のついた、セーラー服であった。

珍しいいなと思いつつ、早速その子に近づいて見る。
スカートはかなり短くしているが、ギャル系ではない。
しかもその、一見短く見えるスカートも、
後の中央辺りだけ長くなっている。
真後からみるとちょうど、三角形をさかさまに向けた感じだ。

「ほとんどコスプレの世界だな」
俺は心の中でそう呟いた。
次に顔のチェックだ。

髪は黒くて、後側で複雑にアップにしてある。
前髪の分け方が実にかわいい。
肌は年齢強みをフルパワーで生かしたような肌である。
もちろん焼いたりはしていない。
まぶしいくらいの肌色だ。

化粧も、必要最低限であり全体的に、キリッとした感じの化粧をしてはいるが、
本人の顔自体が少しポーっとした感じなので、
きつくなりすぎず良いバランスだ。

ソックスも、ルーズなんか履くもんかと言わんばかりの制服の濃紺に合わせた、ぴっちりとした、
膝下までのソックスをはいている。
このソックスでほっそりとした足を強調している。

俺はその女子高生を全身舐めまわすように、
眺めた後、ぴったりとそのこの後についた。
新聞を読むフリをしながら、その子の後ろ腿や、
特徴のあるスカートに包まれた小ぶりの尻を眺めながら、
「この子がこの駅を使うのは、今日だけだろうか? それとも今日からずっとこの駅を使うのだろうか?」
俺は考えつづけた。

今日だけなら、こんな上玉を体の何処かが触れただけで喜んではいられない。
しかし、明日からずっとこの駅を使うのなら今日強引にさわるより、毎日少しずつ触ってるほうが得だ。

俺は考えこんだ。
考えているうちに、俺のモノが起き出した。
やばい、今日は変えのズボンがクリーニングから帰ってきてないので、夏用の薄いズボンをはいている。
こんなのでこの子によりそったら、思いっきりモノの形まで伝えてしまう。

やがて電車が到着した。
俺はとりあえず、その子後の位置をキープしたまま電車に乗りこんだ。
しかし、なんと彼女の目の前にたどりついてしまった。
しかも向かい合わせ。お手上げである。
彼女の背は小さいほうで、俺は大きいほう。
ここからでは、彼女の頭の上しか見えない。
これでは手の出し様が無い。

やがて、扉は閉まり電車が動き出した。
いつもよりかなり混んでいる。
俺は、彼女のを見下ろしながら、押されるがままにしていた。

俺のモノは意気盛んに、獲物を求めて脈打っている。
もうすぐいつも楽しみにしているポイントがある。

かなりのスピードで線路を変更するので、この電車は物凄く揺れるはずだ。
そのときに彼女の後にさえ回れればまだ何とかなる。
そう思い、揺れに備えていた。

ガタンっ。
お待ちかねのゆれが来た。
しかし俺は立ち位置を変えることが出来ないままでいた。
そう──混みすぎているのである。
俺は一つため息をついて、彼女には今日は触れないかなと諦めかけた時、股間が過剰な反応をした。
なんと、さっきの揺れで俺の股間は、彼女の手の甲をゲットしていたのだ。

彼女の手の甲の感触でモノはズボンの中で、暴れまわっていた。

「ばれるな」
心の中でそう思いながら体を引っ込めかけたが、
「この子はきっと今日だけ、この電車にのっただけだ」
と決め付けた。

俺はもう迷わず、モノを彼女の手の甲に押しつけはじめた。
彼女はすぐに気づいて、手を引っ込め様としたがこの混み具合ではどうにも成らない。
俺は、彼女の手を動かすほうに、モノを持っていって、しばらく楽しんだ。

これだけでも、かなり俺は興奮してまい、チ○ポはついに、我慢汁を垂らしはじめた。
俺は今日は、会社を休む決意をし、このままズボンの中で発射する決意も同時にした。

俺は回りに気づかれないよう、円を描くように彼女の手の甲に、モノを擦りつけた。
俺の興奮はピークに達しようとしていたが、
無常にも次の駅へ到着するアナウンスが車内に流れた。

電車の揺れは、少なくなり、俺が股間を押しつけていられる時間も、残り少なくなった。
やがて電車が止まり、扉が開く──。
彼女は人の流れとともに、この駅で降りようとした。

しかし、彼女は流れに乗れず車内に残ってしまった。
扉がゆっくりと閉まると同時に、彼女はぼくを睨み付けた。
俺は助平そうな顔をして、薄ら笑いをうかべてやった。
俺の表情をみると、彼女は恐怖を感じて、うつむいてしまった。
これで彼女は絶好の位置にいることとなった。
扉の近く俺の目の前で、俺に尻を向けている。
電車が走りだし、俺はほっとして、少し考えた。

「何故降りなかったのだろう?」
その答えはすぐに出た。
俺がその子のスカートの裾を掴んで離さなかったのである。
俺は自分で握り締めてしまったらしい──スカートの裾をみて、かなり驚いた。

「よく、騒がれなかったものだ」
俺は胸をなでおろす思いで、再び彼女の後にぴったりと体を密着させた。
そして少しづつ、膝を曲げいって、
時間を掛けて彼女の尻にチ○ポが当たるように、背を調節した。
幸いここからこの電車は快速になるので、次の駅まで30分くらいある。

数分後俺のチ○ポは彼女の尻の割れ目にぴったりと、馴染んでいた。
彼女はしきりに後を気にしていたが、俺はかまわず、続けた。
この電車に俺の知ってるヤツなど、乗ってはいない。
もしばれて騒がれても、しばらく車で通勤すれば済む話である。

俺は、こうなるとどうしても、彼女にもっともっと悪戯して見たくなり、
次に彼女の足の間に膝を割って入らせた。

今度は多少強引になってしまったが、この体制では仕方の無いことである。
彼女はまだ後をちらちらと振りかえるが、声は出さないようだ。
俺は調子に乗り、彼女の後ろ腿にそっと触れた。

びくっと彼女の上半身が揺れた。

俺はそのまま内腿に手を滑らせた。
彼女の耳が見る見る赤くなり、首筋に鳥肌がたっている。
俺は赤くなった耳と、首筋に息を吹きかけた。
今度はぶるっと身震いし、鼻をすすった。
泣きはじめたのだろうか?

そう心配しながらも、俺は彼女への悪戯を止めなかった。
手をもっと上に移動させてとうとう──彼女のパンティーに触れた。
つるつるした素材らしく、土手の辺りはかなり熱がこもっていた。
俺はパンティーの上から彼女の土手を人差し指で、いじりまわした。

なかなか濡れてこないので、
パンティーの端から指をこじ入れて直接彼女の土手に触れたが、
熱を持っているだけで、まださらさらである。
これでは埒があかないので、
俺は左手でそっとズボンのチャックを下ろしチ○ポを取りだした。
チ○ポを彼女の太ももの間にもぐりこまして、膝を抜く。
そのまま揺れに合わせて、素股の状態でチ○ポを刺激した。

次の駅のアナウンスが流れると同時に射精感が俺の体を通り抜けた。
俺は周りに気づかれないように咳き込みながら、
彼女のスカートの中で発射した。
電車が止まると同時に彼女は泣き出していたようだが、
電車のブレーキの音と、
到着駅を告げるアナウンスが彼女の啜り泣きをかき消していた。

サブコンテンツ

女性視点