やっぱり判断力の少ない世間知らずな女子中○生は最高だね♪♪ 

Hey動画見放題プランが激安すぎる3つの理由(2万本が月額1000円)

この体験談はロリ&痴漢(笑)です。
おとなしめの中○生くらいって、ホントに何も抵抗できない子が多いですよね。
9月の末頃に新快速電車に乗った時、トイレ横の4人掛けの窓側の席にめちゃくちゃ可愛いロリ系中○生が一人で座ってて、周りを見渡すと朝も早いせいか車両に2?3人だけ。
しかもみんな向こう向きなので、これはおいしい!と思い早速となりに座った所、下を向いたまま身動きしないので、体をずらすふりをしながら、さりげなく足の上に手を置いた。
ビクッと体を震わせたがそのまま動こうとしないので、その手で制服のスカートをスリスリとめくり上げ内股に手をはわした。
まだ抵抗しない。
これはいただきだな?と思いスカートを更にめくり上げると、目にも眩しい白の無地の下着が…手は止まらずそのまま下着の中へ。
チラッと見ると、あまりの衝撃に現実逃避してるのかボーッとしている。
こうなったらこっちのもので、薄くマ○毛の生えた中○生マ○コに指を当て思うままいじりまくった。
まずは中指でぴったり閉じたアソコを縦にこする。
少しずつ指を中に埋めて行くが中々濡れてこない。
まあ○3?4才くらいだったら当たり前なのだが、時間がかかりそうだし抵抗がまったく無いので次に進むことにした。
いきなり腰に手をまわし立ち上がらせ、恐怖でパニクってる間に車内トイレに連れ込んだのだ。
「いやっ…!何するんですか…許して下さい…」と小さな震える声で救いを求める中○生。
もちろん許すワケないんだけどね(笑)。
声を出されるとまずいので、「声を出したり暴れたりすると死ぬまで顔殴るよ?」と脅して黙らせておいて、まずは上下一体の制服の、横のファスナーを一気に下まで下げた。
ビクッ!としたが抵抗は無し。
逃げられなくしておきそのまま後ろを向かせファスナーの所から制服を無理矢理剥ぎ取った。
その時にチ○ポも出しておく。
これで上はシャツだけ下はパンツだけの超そそる状態だ。
万が一にも抵抗する気がおきない様に無理矢理パンツも膝まで脱がせチンポの前にひざまづかせフェラチオを強要した。
髪をわしづかみにしてチ○ポを口の所に押し当て、「くわえろよ…うまくくわえて気持ち良くさせられたら処女マ○コに挿入しないでおいてやるぞ?」と脅して無理矢理口に押し込んだ。
最初は泣きそうな顔をしてチ○ポを吐き出そうとするが、髪をつかんで頭を両手で固定してるのでどうしようもない。
少しずつ抵抗する力が抜けてきたので頭を持って前後にスライドさせ始めたら、歯や舌が敏感な所に当たりすごい快感だ。
あまりの気持ち良さに、しばらく動かしてるとグングン射精が近付いてるのがわかる。
「今からイクから全部飲めよ!」と口にした瞬間、背筋に強烈な快感が電気の様に走り大量の精子を小さな可愛い口の中にドクドクと放出した。
「うえっ!ごほごほっひうぅ…う」涙を吹きこぼしながら精子を口の端からダラダラ流している女子中○生を見て興奮はピーク状態。
もうここで止まるわけも無く、後ろ向きになって便器に精子を吐き出してる中○生の幼いマ○コとア○ルにポケットから出したローションを無理矢理塗り込んだ。
ついでに俺のチ○ポにも。
「いや…いや…やめて…」やめるわけないのにねぇ(笑)後ろから首に手を回し前へ逃げられない様にしてから、チ○ポをつかみマ○コの穴にあてがうと一気に奥まで挿入した。
「い…!…ひぃ…!」あまりの痛さからか硬直し声も出ない中○生の処女マ○コはあまりに狭く最高の締め付けだった。
それでもなんとか前後に出し入れしだしたが、とてももたない。
すぐにまた限界が近づいてきて、「…中に出すぞ!」と耳元でささやいた瞬間、幼いきつきつマ○コの一番深くまで挿入し子宮に大量の精子をぶっかけた。
顔を見ると、もうブルブル震えるだけで目は完全に死んでいる。
これだけでは収まらずもう一つもいただく事に決め、元気になるまでの時間稼ぎでブラウスのボタンを外し始めた。
全部外してブラウスを肩から背中までずらすと、これまた俺のロリ心をくすぐる白いノーマルブラが出て来た。
両手を前に回し、ブラを上にずらし、出てきた小さな胸を揉み回し始めると、またも「いや…いや…いや…」と呟くだけ。
すっかりチ○ポもギンギンに戻ったので、手を添えて今度は後ろの穴へ押し当てた。
今までの経験上、ローションが渇いていると狭くて中々入らないだろうと思い、もう一度ローションをお尻周りに大量に塗り込んだ。
再度チ○ポを押し当てて、ゆっくりと挿入を開始。
さっきよりもさらに狭く中々前に進まないが、ローションのおかげで序々にだが確実に侵入し始めた。
中○生は痛みとパニックで口をパクパクさせてるだけ。
しかし本当に扱いやすい子だねぇ(^^)最高だよ、と鬼畜な事を考えながら一番奥まで挿入してしまった。
さすがに3回目にもなると余裕も出て来て、口止めと今後の事を考え、携帯を取り出しカメラで写真を撮り始めた。
ついでに動画も使って顔をバッチリ映した。
そして腰はお尻に打ち付け続けながら、カバンを漁ると出て来た出て来た。
携帯と生徒手帳が。
俺の携帯にワン切りした後アドを表示させカメラでパシャ。
生徒手帳はいただいておく。
そして一番奥で再び射精したら3回目にもかかわらずまだ結構出た。
死んだようにぐったりなってる中○生にそのまま服を全部着せて便器に座らせ、少し目に意識が戻って来た所で「写真もバッチリ撮った。携番もアドも判った。学校もいただいた生徒手帳で判る。…意味解るよな?」と脅すと、泣きながら黙って小さく何度もうなずいた。
「じゃあまた夜に電話するから絶対出ろよ?出ないと、学校中にパソコンから出力した今日の写真貼り出すぞ」じっと目を見て誰にも言わないと判断し、それだけ言い残しその場を後にした。
…あれから3ヵ月。
日曜日の度に呼び出しては無理矢理犯し続け、今ではマ○コでもア○ルでもイク事を覚えた俺の性奴隷だ。
やっぱり判断力の少ない世間知らずな女子中○生は最高だね♪♪ 

痴漢 サンプル動画サイト

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

女性視点