最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「お嬢様」タグの記事一覧

友達が目の前にいる状況で痴漢レイプされる女子校生

朝の地獄のような通勤ラッシュに揉まれながら、いつも会社に行く俺。社畜と言う言葉を強く意識する瞬間だけど、たまに良い事もある。本当に、身動き一つ出来ないようなラッシュの中、たまに制服の女の子と密着できたりする。 柔らかい感触と、良い匂いを満喫しながら、痴漢に間違われたらヤバいなと思い、両手を上に上げる俺。今日も、なかなか強烈な状態になっていた。 俺の股間は、ちょうど目の前の制服の女の子のお尻

彼女を着飾らせて埼京線に放り込む鬼畜な男

彼女と知り合ったのは、K大のサークルのパーティーでした。 伝統的に、OBを交えての交歓パーティーが毎年開かれるのです。 彼女は1年生で、会場でも際立って目立った存在でした。 うちの大学はどちらかと言うと、『お坊ちゃん』『お嬢さん』が多いのですが、彼女は小学校から女子校育ちでまさに『箱入り娘』だったのです。 大学で初めて親元を離れた地方の名士のお嬢さんでした。 そのような彼女がどうして僕の

痴漢OKお嬢様

2年前に、会えば毎回OKだったお嬢様学校中学生カナコちゃん。 高校に入ってからは、乗る時間も場所もわからなくなっていた。 ある秋の朝、2年生になりちょっと髪が伸びて、少し大人びたカナコちゃんが、前と同じ場所にいた。 引き寄せられるように電車の中へ。 消える直前は時々抵抗し始めていたので挨拶代わりに手を伸ばす。 特に変化なく昔と同じ雰囲気。 徐々に混みだし、密着度もUPする。 いよいよ

痴漢王 その3

  朝――俺はホームを巡回していた。何かいい獲物はいないだろうか。お尻、おっぱいと順調に痴漢してきたから次は……と、涎が足れていた。あわてて拭う。 瞬間、俺は目を見開いた。時間が止まったような錯覚に陥る。 少女の黒髪が静かに風で揺れる。スカート、セーラー服ともに純白――ラインとリボンだけが青色で、滋味なアクセント加えている。 少女の肌も、シルクのように透き通りそうなほどの美白
サブコンテンツ

女性視点