最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「バス痴漢」タグの記事一覧

夜行バスで触られて……

私が高校2年生の頃です。 東京に引っ越してしまった私の親友の家へ、夏休みを利用して遊びに行った時長距離バスを利用したのです。 東京で遊ぶお金を残しておきたかったので、ちょっと時間がかかって嫌だったんですけど、長距離バスを選んだのです。 広島駅を夜の7時頃に出発するバスでした。 出発場所に着くと、もうすでに何人かが待っていて、私はその列の最後尾に並びました。 しばらくして、ただ待っているの

女子高生通学バス痴漢

 山間の田舎町に住む美奈子は、バスの最後尾、右奥を指定席にしていた。  春から隣街の市街地にある私立女子高校へ通っている美奈子は、五十分以上もバスに揺られなければならない。  おかげで早起きをしなければならないのだが、彼女はバスに乗っている時間を、それなりに気に入っていた。  本を読む時間にもなるし、予習や復習の時間にもあてられる。  だが、一番は──うたた寝ができる、というものだった

近所のお姉ちゃん

(うわっ・・・すっごい混んでる・・・) 純はバスに乗り込むとため息をついた。  ターミナル駅に向かうバスは、夜中から降り続く雨のためいつもより混雑が激しかった。 (だから雨の日はイヤなんだよ・・・) 小学校6年生の純は、普段からこの7時40分のバスに乗り、駅へ向かうのだが普段のこのバスはこんなにひどい混雑はしない。  この近くの通勤、通学の人々の大半は渋滞する大通りを走るバスを避け徒

人のいない長距離バスで…

「あ、絵里姉?今からバス乗るよ。 そっちに9時頃付く予定だから。夕飯おいしいの期待してるね。 うん…うん、わかった。ついたら電話する、じゃあねー」  夏美は携帯片手にしゃべりながら、バスの乗車場に向かっていた。  期末試験も終わり、今日から春休み。 京都で一人暮らしをしている姉をたずねる約束をしていた。 紺色のブレザーに白シャツ、赤いチェックのプリーツスカートと、 夏美は制服のよ
サブコンテンツ

女性視点