最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「女子大生」タグの記事一覧

コミケ行きの始発で痴漢されまくり女子大生

今年の夏、コミケに行いきました。 関西に住む私は、前日に関東の友人宅に泊めてもらい、当日は始発で会場に向かいました。 ちなみに初めてのコミケです。 友人は行かないみたいなので一人でした。 他のイベントでも人の多さは体験しましたが、コミケは格が違いました。 着た電車はすでに満員寸前。始発駅に近い場所から乗ったのが救いか、なんとか乗ることができました。 それでもすでにぎゅうぎゅう詰めの

美人姉妹痴漢電車

「あっ、電車来たよ!」 美咲はそう言って姉の由梨とともに電車に乗り込んだ。 本城美咲は17歳。女子高に通う高校二年生だ。肩までの真っ直ぐな黒髪と、目鼻立ちのくっきりした顔立ちは、まだあどけなさは残るものの凡百のアイドルが、裸足で逃げ出しそうなほどだ。 制服のスカートからスラリと伸びる細く長い足。キュッと上を向いたヒップとくびれた腰。 巨乳とまではいかないが、ほどよい大きさの胸のふくらみはこ

痴漢被害者の事情

「ドアが閉まります」 ベルの音と共に、無情な駅員の声が響き渡る。 長根まさみは心の中で「閉まるな!!」と唸り声に近い声をあげた。 彼女が階段を駆け上がりきった瞬間、ベルが鳴り終わる。 飛び込めば間に合う!! そう思い走ろうとした瞬間に、床の溝にヒールのかかとが引っかかった。 「あん、あっ……」と間抜けな悲鳴が出る。転ぶところだった。 必死でそれを引き抜いて、手を伸ばしたが

ふたりぼっち その2

  「お前には失望したよ」 母親は冷たく言い放った。 「力が及ばないどころか、試験を受けすらもしないとは…」 父親は震える手で煙草をふかし、背を向けた。 『この恩知らず』 机の上で眠りからめざめた紗和は、背を起こし、露を払うように目をこすった。 喧騒がやまない。 こんな授業風景を、かつての少女は信じなかったろう。 最後の親心として、名もない大学へ娘を進め、授

上京女子大生痴漢体験

わたしの名前は徳田真美、東京の短大に入って一人暮らしを始めることになったの。出身は田舎の方なんだけど、パパは地元の名士で、わたしは世間知らずのお嬢様ってやつね。高校時代は、周りからはカワイイって言われてて、結構モテてたのよ。結局、何にもなしで終わっちゃったんだけど。 パパもママもわたしが東京に出て一人暮らしをしたいって言ったとき、大反対したの。でも、わたしは田舎の生活に飽きちゃってて、都会の
サブコンテンツ

女性視点