最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

痴漢→トイレレイプ

いつもより一本遅い電車に乗ったのが間違いだった。
ぎゅうぎゅうに混み合ったその電車は、唯に少しの身じろぎも許さない。
(いや…どうしよう)
制服姿の唯は、うつむいて、ぎゅっと唇を噛み締めた。
(…ヤだ…)
さきほどから、一本の手が唯の太ももを撫で回している。
(…痴漢だよぉ…)

この春高校に通い始めたばかりの唯は今までずっとラッシュ時の電車を避けていたので、
痴漢に合うのは今日が初めてだった。
(あ…嫌…)
痴漢の手が、太ももからゆっくりとおしりへと上がる。
唯が抵抗しないので調子に乗ってきたのかその手は段々と力を強め、
今では唯の臀部をぎゅっと握るほどに大胆になっていた。
(…ヤだ…)
初めて経験する痴漢に唯はただ恐怖を覚え、声すらも上げることができない。
(早く…早く駅に着いて…)
唯はうつむいて、ぎゅっと目を閉じて屈辱と恥ずかしさに耐える。
しかしそんな様子は、痴漢を喜ばせるだけだった。
「!」
唯の肩がびくんと跳ねる。
痴漢の指がスカートの中に侵入してきたのだ。
男の無骨な指が唯の下着の上からお尻を撫で、柔らかいワレメの方まで降りてくる。

(…そ、そこは…)
とうとう指は膣に辿り着いた。
男は遠慮なく下着の上から膣の入り口を擦り、
もう片方の手で唯の胸を揉み出した。
(あっ!?…うそ…)
大胆な男の行動に、唯は周りの乗客にバレてしまうのではないかと一気に不安になった。
自分が痴漢されていると回りに知られることなど、恥ずかしくて耐えられない。
(ど…どうしよう。バレちゃったら…)
そう思うと、かぁっと顔が熱くなるのを感じる。
恥ずかしい。焦る。頭に血が上る。
(あ!)
すると信じられないことに、膣からぬるりと愛液が溢れ出してしまった。

(う…嘘…濡れちゃった…!?)
唯は真っ赤になった。焦れば焦るほど膣は体液を分泌する。
男がそれを見逃すはずはなく、その指はすぐにじっとり湿った下着の脇からさらに中へと入り込んできた。
「あっ!」
唯は思わず小さく叫んでいた。

無骨にささくれ立った冷たい指先が、唯の膣の上でぬるりと滑る。
ぬるり、ぬるり。
ゆっくりと、男は膣から溢れ出す愛液を掻き出すように指で玩んだ。
(あ…あ…)
ぬぷり、と痴漢の指が唯の膣に入り込んだ。
愛液の溢れた膣は簡単に指の侵入を許す。
ちゅぷっ… くちゅっ…
微かに、湿った音が社内に漏れた。
(…う)
唯はきつく目を閉じる。
自分でも信じられないことに、唯は痴漢の手によって快感を感じてしまっていた。

「…は…」
思わず熱い息を吐いた時、どこからかもう一本の手が現れて、下着の上から唯の恥骨の辺りを撫でた。
「え!?」
驚いて顔を上げる。
前に立っていた男が唯を抱きしめるように立ち、ねっとりとした視線で彼女を見下ろしていた。
(や、やだ…!!バレてる…)

それだけではなかった。
唯が慌てて辺りを見渡すと、前の男だけでなく、
周囲の乗客全員が食い入るように唯に注目しているのだった。
いつの間にか周りは全て男。
360度、唯は男達に囲まれる格好になってしまった。
(嘘…どうして?)
実はそこが一部のマニアに有名な「痴漢車両」であるなど、唯には知る由もない。
前に立つ男は大胆にも手を伸ばし、すぐに下着の中に手を入れてきた。
(!)
その手はすぐに割れ目の中からクリトリスを探し当て、くりくりと円を描くように捏ね回す。
「…は…ぁ」
唯は知らず知らずのうちに声を漏らしていた。
後ろの男は唯が他の男にクリトリスを弄られているのを知ると、さらに深く指を挿入してきた。
Gスポットを探し当て、指を曲げるようにして優しく内壁を擦り始める。

「ひっ」
突然の衝撃に唯は小さく悲鳴を漏らして体を震わせた。
クリトリスとGスポットを同時に刺激され、今まで感じたことのない快感が唯を襲ったのだった。
慌てて息を呑んだが、遅い。
唯の悲鳴はもちろん周囲の男達に聞こえていた。

(い…嫌…)
男達は獣じみた好奇の視線を隠そうともしない。
(あっ…また…!)
さらに一本、腕が増えた。
いや、一本だけではない。
男たちの何本もの腕が、唯の体をまさぐりはじめたのだ。

唯は泣きそうになる。
もはや何人が彼女を取り囲んでいるか解らない。
クリトリスと膣は執拗に攻められ、見知らぬ男たちのたくさんの腕が、
唯の胸を揉み、太ももを撫で、乳首をつねり、剥き出しの尻を撫でている。
「ハァ…ハァ…」
「フーッフーッ」
興奮した男たちの息遣いが唯のうなじに、耳に掛かる。
膣をかき回すチュプチュプ、グチョグチョという音はすでに誰が聞いても明らかなほど大きかった。
「あ…ぅ、ん…っ」
―――こんなにたくさんの男たちに。
自分は、玩具のように嬲られている…
そう思うと、唯の喉からは掠れた声が漏れ、膣からはとめどなく愛液が溢れてくる。

(ど…どうしたの?あたし…お、おかしい…)
下半身には特に腕が集中している。
クリトリスも、膣も、お尻の穴まで…
たくさんの手が、指が、大きく卑猥な音を立てて唯の性器をいじりまわす…。

唯の膝ががくがくと震える。
(い…いっちゃうっ…)
唯は思わず前の男に抱き付くようにしがみついた。
「ふ…んぁーっっ!!」
抑えようと思っても悲鳴が漏れる。
ビクビクと体を震わせて、唯は達してしまった。

「はぁ…はぁ…」
唯は荒く息をつく。
しかし、男たちの指はまだ止まない。
「イッたのか?淫乱な娘だな…」
嘲笑と共に、耳元で小さく囁かれた。
「っ」
唯の顔は恥辱で真っ赤に染まる。
「こんなにおまんこグチョグチョにして…」
熱い吐息の混じった囁き。
男の言葉通り、車内には濡れた音が響き、唯の愛液は太ももまで垂れている。

(も…もう…許して…!)
強く願ったそのとき、電車は駅に到着した。
「あ…!」
ドアが開いた。
そこはさびれた駅で、降りる乗客はほとんどいない。
唯も目的の駅ではなかった。でもこのままここにいたら…
唯は力いっぱい男達を押しのけ、震える足で電車を駆け下りた。

後ろなど振り返っていられない。
唯はそのままホームを走り、駅のトイレに駆け込んだ。
個室の一つに飛び込み、ドアを閉めて鍵を掛ける。
「はぁっ、はぁっ」
大きく何度も深呼吸して、唯は下着を下ろし、恥ずかしい液でびしょ濡れになった自分の股間をトイレットペーパーで拭った。
「うっ、うっ…ひっく」
ほっとしたとたん、安堵感と恐怖、そして恥ずかしさで、唯の口からは嗚咽が漏れる。

唯は泣きながら下着を上げ、制服の乱れを整えた。
洗面台の鏡を見ながら髪も直さなくては…
そう思い、個室のドアを空けた時だった。

「あっ!」
どん、と唯は目の前を塞ぐ人物にぶつかった。
思わず顔を上げる。
そこにいたのは、先程正面に立っていた痴漢の男だった。
「っ…!!」
唯は驚いて声にならない悲鳴を上げた。
正面の男だけではない。
男の後ろには、先程電車に乗り合わせたたくさんの男たちが立っていた。

「ひっ…」
唯は男の手で口を塞がれた。
「お嬢さん、こんな所に誘い出してくれてありがとう」
男はにやりと唇を歪めてそう囁いた。
(そ…そんな…)
驚愕する唯を、男達は再び個室の奥へと追い詰める。
「さァ…ゆっくり楽しもうや」
いくつもの下卑た笑い声がトイレに響く。
(誰か…助けて…!)
唯の瞳に、再びじわりと涙が滲んだ。
「へぇー。唯ちゃんっていうのかー」
男たちは唯から鞄を取り上げて生徒手帳を見つけ出し、名前を確認した。
あまりの恐怖に、唯はただ涙が流れるばかりで言葉が出ない。
「大きな声を出したら…解ってるよなぁ?」
「唯ちゃんの恥ずかしいところ、駅員さんにみーんな見られちゃうよ~」
「唯ちゃんはこんなとこでこんなことしてる変態だってバレちゃうね~」
口々に言いながら、男たちは唯の体をまさぐり始める。
唯は蓋を閉じた洋式便器に座らされ、両手を頭上で縛り上げられてパイプに括り付けられた。

無理矢理足を広げられ、誰かが持っていたハサミでショーツを切り取られる。
制服は着たまま、下半身だけ剥き出しの恥ずかしい姿。
「い…嫌だぁ…」
抵抗する力もなく、弱々しい声で唯は泣いた。
しかしそれは、男達の可虐心を煽ることにしかならない。

ベストを開かれ、ブラウスも開かれた。
露わになったブラジャーは上にずらされ、未発達の胸が潰されて乳首がブラからはみ出した。
両腕は頭上に縛られたまま。唯の顔は涙でぐしゃぐしゃに濡れている。
とてつもなく淫らな、いやらしい格好だ。

パシャッ パシャッ
シャッター音がいくつも聞こえ、フラッシュが焚かれる。
男達がそれぞれの携帯で写真を撮り始めたのだった。
「すげ~やらしい~」
「こんな格好、パパとママが見たらどう思うかな?」
「バラ撒かれたくなかったらおとなしくしよぉね~」
男達はそう言ってニヤニヤ笑いながら唯の痴態をカメラに収めていく。
「オラ!もっと足開け!」
男の一人が唯の両足を左右からグイっと広げた。
「ひっ…!」
唯は恐ろしくて、もう声を上げることすらできない。
「じゃぁ、そろそろ…」
男はそう呟き、屹立した股間を露わにして唯の正面に立った。

「ひ…」
見たこともないような巨大なペニスに、唯は小さく悲鳴を上げた。
男は唯の両足を抱えあげる。
「いや…お願いします…や、やめて…」
唯は恐ろしい予感に恐怖して懇願した。
しかし男はそんな唯を見下ろして厭らしく笑い、なんの愛撫も与えず、唯の小さな膣をいきなり深く貫いた。

「ーーーっっ!!」
唯の口から声にならない叫びが漏れた。
男たちの痴漢行為で充分に濡れた唯の膣だったが、今は恐怖ですっかり口を閉じていた。
そこに、巨大なペニスがメリメリと音を立てるように侵入していく。
「おおー、唯ちゃんのお○んこは狭いなぁ」
体を引き裂かれる痛みに白目を剥く唯に男は嬉しそうに言う。

「や…やめてください…お、お願い…」
なんとか喘ぐように呟く唯の言葉が届くわけがない。
少しの休憩も与えず、男は無情にも激しいピストン運動をはじめた。
「あーーーーッッ!」

激痛に叫び声をあげる唯の姿を、男達はさらにカメラに収めていく…。

「うーっ…うーっ…」
自分勝手にガクガクと体を揺らされ何の快感も得られない挿入を、唯はただひたすら唇を噛んで耐えた。
(早く…お願い…早く終わって…)
朦朧とした頭でそう願う。
「うっ…そろそろ…イクぞっ…!」
しばらくすると、男が呻くように言った。
唯ははっと我に返る。
「あ…お、お願いします…中で…中でだけは…っ」

「おお、イク!!」
しかし唯の哀願もむなしく、男はビクンと腰を痙攣させ、より膣の奥深くへと注ぐように唯の腰を抱え込んだ。
「嫌!いやぁぁぁ!!」
唯は泣き叫んで最後の抵抗を見せるが、もう遅い…
男はふぅーっと長いため息を吐いて、すっかり放出したペニスを唯から引き抜いた。

「良かったぜ~。ほい、タッチ」
へらへらと笑いながら、男は後ろの男と手を叩いて交代する。
「よ~し、唯ちゃん、もっともっと気持ちよくなろうね~」
「俺はおクチでしてもらおうかなぁ」
「いや…いやぁぁ…」
ぐったりと頭を垂れて嗚咽する唯の前に何人もの男がペニスを突き付けた。

 

「ああっ…あああっ…」
男たちは順番に、何度も何度も唯を犯した。
口も、膣も、アナルも…全ての中にたっぷりと精液を注がれ、唯の体はぐしょぐしょに汚れている。

「ふ…ぅぅ…」
涙も涸れ、呆然と体を揺すられるがままの唯に男たちが言う。
「どうだ?気持ち良いかい?唯ちゃん」
「アハハ。そうか、気持ち良いかぁ~」
「これから毎日、たっぷり可愛がってあげるからね…」

これから…唯の地獄の日々が始まる…。

痴漢 サンプル動画サイト

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

女性視点