最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「集団痴漢」タグの記事一覧

ミイラ取りがミイラ

赤池愛理は激怒した。 彼女はまだ十七歳で、世の中に理不尽が存在することは知っていても それは努力や誠意によって解決するものと思い込んでいた。 だから彼女は「泣き寝入り」という言葉の意味が分からない。 ある日のことだ。 それは平凡な秋晴れの水曜日で、それが自身の運命を変える日になるとは 赤池愛理は全く自覚していない。概ね運命とはそうしたものだ。 愛理が女子トイレに入ると、青

悪童たち

「何か面白いこと、ねえかなあ」 伊藤はタバコをふかしながら、仲間たちに問いかけた。平日の午後だというのに、ここ喫茶ヒネモグラには、学生服姿の高校生が五人もいる。しかも、そろって見るからにやさぐれた感じのする悪童たちばかりだった。 「面白いことって、何だ?」 「それを尋ねてるんじゃねえかよ。こうして茶飲んで駄弁ってても、つまらねえだろ」 テーブルに置かれたコーヒーカップはすでに空。その代

tick-cans

カラダは大人・ココロは子供 色白ムチムチ、メガネっ娘坂下ちとみ(18)はミッション系女子高の3年に進級したばかり。 今日は始業式である。(どうしよぅ、新学期早々チコクしちゃうよぉ…! しょうがないや、今日だけ、ね) ちとみは女性専用車両をあきらめ、いちばん近いドアから乗り込んだ。 (ふぅー。助かったぁ…。寝坊しちゃったよ。正門当番、松本先生だったらどぅしよ…どんな顔して挨拶すればイイの…

スウィートガール、大ピンチ!?

わたしの名前は三條梓、聖清女学園高校の三年生よ。でも、それは地球上での仮の姿なのね。実は、地球の平和を密かに守っている宇宙平和部隊員スウィートガールなのです。 尊敬する母、そしてわたしの先生でもあるスウィートレディと一緒に、悪の組織ダークシャドウと戦ってるのよ。うーん、でもね一生懸命やってるんだけど、わたしが未熟なせいで、お母様に迷惑かけちゃうことも多いのよね。この前なんか、敵に捕まって十字

痴漢→トイレレイプ

いつもより一本遅い電車に乗ったのが間違いだった。 ぎゅうぎゅうに混み合ったその電車は、唯に少しの身じろぎも許さない。 (いや…どうしよう) 制服姿の唯は、うつむいて、ぎゅっと唇を噛み締めた。 (…ヤだ…) さきほどから、一本の手が唯の太ももを撫で回している。 (…痴漢だよぉ…) この春高校に通い始めたばかりの唯は今までずっとラッシュ時の電車を避けていたので、 痴漢に合うのは今日
サブコンテンツ

女性視点